企業情報

沿革
1961年(昭和36年)放電精密加工研究所を設立し、放電加工の受託業務を開始。
1963年(昭和38年)アルミ押出用金型の製造を開始。
1973年(昭和48年)セラミックスハニカム押出用金型の製造を開始。
1981年(昭和56年)米国(サーマテック社)より特殊耐熱・耐食コーティングに関する技術を導入し表面処理事業を開始。
1986年(昭和61年)(株)ミヤギを設立し、金属プレス用金型の製造販売を開始。
1987年(昭和62年)タイ国にKYODO DIE-WORKS(THAILAND)CO.,LTD.を設立し、アルミ押出用金型の製造を開始。
1989年(平成元年)米国(サーマテック社)よりガスタービンエンジン部品の表面硬化被膜処理に関する技術を導入。
1991年(平成3年)フレキシブル順送りプレス成形システム「マイプロフレックスライン」を開発し、製造販売を開始。
1996年(平成8年)科学技術振興事業団の新技術コンセプトモデル化事業の認定を受けて、「少量プレス部品の複合生産システム」の開発を開始。
1998年(平成10年)科学技術振興事業団・新技術開発委託制度を活用して、「プレス部品高自由度複合生産システム」の商品化を開始。
1999年(平成11年)日本証券業協会(現ジャスダック証券取引所)へ株式を店頭登録。
2001年(平成13年)プレス部品高自由度複合生産システムの商品化に成功。デジタルサーボプレス「Divo」を発表。
2002年(平成14年)世界初の直動式デジタルサーボプレス「ZEN Former」を発表。
2005年(平成17年)完全クロムフリー塗料「ゼックコート ZEC-888」の製造を開始。
2006年(平成18年)「ZEN Former」が市村産業賞功績賞を受賞。
2007年(平成19年)「ZEN Former」が新機械振興賞を受賞。
2009年(平成21年)「ZEN Former」が、ものづくり大賞優秀賞を受賞。
2013年(平成25年)直動式小型デジタルサーボプレス「ZEN Former nano」を発表。
2014年(平成26年)愛知県小牧市に小牧事業所を新設。
  • 放電精密加工の詳しい資料
  • 製品・サービスの詳しい資料をお送りします
  • 資料請求はこちら