技術特集

テクニカルQ&A

当社は、放電加工のパイオニアです。
少なくとも、この分野に関しては、「出来ないことはない」と考えています。
以下のような、ご相談や質問がございましたら お問い合わせ下さい。
また、主要技術の簡単な説明と、用語解説も併せてご覧下さい。

切削刃物で加工できない金属材料(部品)あるいは切削によって変形するとか、 後工程を残さざるを得ない場合はどうしますか?

放電加工は、あらゆる金属材料に対して、硬さ、粘さを問わず精密加工が出来ますのでご相談下さい。

凹コーナ形状の加工で能率の良い方法はありますか??

1. 凸形状(電極)を制作し、放電加工で逆の凹形状を正確に転写加工できます。
2. ワイヤー(φ0.1~φ0.3電極)を使い、糸ノコギリ方式(精密NC)の ワイヤーカット加工によって凹コーナーの通し加工が出来ます。

切削加工は出来るが、奥の深い底部分の加工方法はありますか?

あらゆる形状で底面の有無にかかわらず、深さ300~1,340mmまで放電加工又は ワイヤーカット加工が出来ます。

ステンレス材に孔径φ0.6、深さ50~100mmあけられますか?

電解加工の得意とする分野のため可能です。またNi基、Co基の合金材料であればφ0.6~φ3.0、L/D=300、 深さMax350mmの範囲まで加工が出来ます。

部品の形状が複雑で、加工段取りが難しいが…?

取付具、電極の構想から設計製作も含めて、全てご相談下さい。

電気の通らない、プラスチック プレートに形状が切れますか?

電気の通らない材料に対しては、機械加工(切削加工等)により小径穴から異形状まで正確に加工が出来ます。

  • 放電精密加工の詳しい資料
  • 製品・サービスの詳しい資料をお送りします
  • 資料請求はこちら